メニュー閉じる

*びわこ【琵琶湖】

滋賀(しが県中央部にある日本最大(さいだいの湖。最大(さいだい深度103.8m。断層(だんそう陥没(かんぼつによって形成(けいせいされたもの。東岸は愛知(えち川・日野(ひの川・野洲(やす川などが流れこみ,西岸は比良(ひら山地が湖岸にせまる。南岸から瀬田(せた川が流れ出し,下流は宇治(うじ川・(よど川となって大阪湾(おおさかわんに注ぐ。魚介類(ぎょかいるい豊富(ほうふで,古くからえり漁(・・りょうが行われた。古くは近江八景(おうみはっけいとして知られ,現在(げんざい琵琶(びわ湖国定公園に指定されている。湖水は近畿(きんき地方の水資源(しげんとしてひじょうに重要(じゅうようで,農業・工業・上水道用水や発電などに利用(りようされ,阪神(はんしん工業地帯(ちたい発達(はったつもこの水に負うところが大きい。また,琵琶(びわ疏水(そすいにより京都(きょうと市にも送られ,沿岸(えんがん大津(おおつ市や長浜(ながはま市などにも工業が発達(はったつしている。面積(めんせき:670.3km2

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP