メニュー閉じる

*びわほうし【琵琶法師】

琵琶(びわという楽器(がっきをひき,語り物を聞かせることを職業(しょくぎょうとした盲目(もうもく(そう。平安時代の中ごろ,中国からつたわった琵琶(びわをひく法師(ほうしがいたが,鎌倉(かまくら時代には『平家物語(へいけものがたり』などの軍記物(ぐんきもの琵琶(びわにあわせて語ることを職業(しょくぎょうとするようになった。15世紀(せいきごろ,京都(きょうとだけでも500〜600人いたといわれる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP