メニュー閉じる

*ヒンドゥーきょう【ヒンドゥー教】

インドで,文化や社会のあり方まで強く規定(きていしている民族宗教(みんぞくしゅうきょう。インド教ともいう。古代からのバラモン教が,グプタ朝時代の4世紀(せいきころにさまざまな民間信仰(みんかんしんこうをとりいれて形成(けいせいされた。(たましい不滅(ふめつと生まれかわりを(しんじ,英雄叙事(えいゆうじょじ詩『マハーバーラタ』『ラーマーヤナ』に登場するビシュヌ・シバなど,多くの神々をあがめる。『マヌの法典(ほうてん』が定めているカーストごとのおきてを尊重(そんちょうすることも,ヒンドゥー教(義務(ぎむである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP