メニュー閉じる

ファラデー(マイケル=)

(1791〜1867)イギリスの物理学者・化学者。1821年電気の流れている針金(はりがね磁石(じしゃくのまわりに回転させることに成功(せいこう。つづいて塩素(えんそ液体(えきたいにかえることやベンゼンの発見など,すぐれた業績(ぎょうせきをあげた。最大(さいだい業績(ぎょうせきは1831年の電磁誘導(でんじゆうどうの発見で,電磁気(でんじき学の基礎(きそをきずいた。1833年には電気分解(ぶんかいによってできる物質(ぶっしつ(りょうについて「ファラデーの法則(ほうそく」を発見,さらに光と磁気(じきとの関係(かんけい(しめす「ファラデーの効果(こうか」,反磁性(はんじせいの発見などの業績(ぎょうせきものこした。◇講演(こうえんを集めた『ろうそくの科学』は,今も広く読まれている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP