メニュー閉じる

ファラデーのほうそく【ファラデーの法則】

電磁誘導(でんじゆうどう法則(ほうそくと電気分解(ぶんかい法則(ほうそくがある。

電磁誘導(でんじゆうどう法則(ほうそく

1つの回路に生じる誘導(ゆうどう起電力の大きさは,その回路をつらぬく磁界(じかい時間的(じかんてき変化(へんか割合(わりあい比例(ひれいするというもの。1831年にファラデーが発見した。

電気分解(ぶんかい法則(ほうそく

電気分解(ぶんかいにおいて,流れた電気(りょうと,それによって生じた化学変化(へんかとの間の定量的関係(ていりょうてきかんけいをのべた法則(ほうそく。これによれば,

(1)電気分解(ぶんかいによって生成(せいせいする物質(ぶっしつ質量(しつりょうは流れた電気(りょう(電流の強さと時間との(せき)に比例(ひれいし,

(2)同一電気(りょうによって生成(せいせいする物質(ぶっしつ質量(しつりょうはその物質(ぶっしつの化学当量(とうりょう(原子(りょうをその原子(でわった(あたい)に比例(ひれいする。したがって,すべての物質(ぶっしつの1グラム当量(とうりょう電解生成(でんかいせいせいするのに必要(ひつような電気(りょうは相等しい。この電気(りょうを1F (ファラデー)といい,(やく9万6500C(クーロン)である。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP