メニュー閉じる

ぶたインフルエンザ【豚インフルエンザ】

ウイルスによって(ぶたから(ぶた感染(かんせんするインフルエンザ。ヒトへも感染(かんせんするが発症(はっしょうすることはまれで,遺伝子突然変異(いでんしとつぜんへんいをおこし,ヒトへの感染(かんせん発症(はっしょう,ヒトからヒトへの感染(かんせん確認(かくにんされるようになったものは「新型(しんがたインフルエンザ」とよばれる。インフルエンザウイルス(A(がた)は,ウイルス表面のたんぱく(しつ赤血球凝集素(せっけっきゅうぎょうしゅうそ(H)とノイラミニターゼたんぱく(N)の形によって,H○N○(がたという亜型(あがた分類(ぶんるいされるが,(ぶたインフルエンザはH1(がた,H3(がたが多い。日本でも1977(昭和52)年にH1N1(がた,78年にH1N2(がた(ぶたインフルエンザウイルスが確認(かくにんされているが,ヒトへの感染(かんせんはおこしていない。2009年,メキシコで最初(さいしょ確認(かくにんされ,(ぶたインフルエンザから新型(しんがたインフルエンザに変異(へんいして世界に(ひろまったものはH1N1(がただが,ヒトから(ぶた,鳥から(ぶた感染(かんせんした複数(ふくすうのインフルエンザウイルスが(ぶた体内(たいない突然変異(とつぜんへんいをおこしたものと推定(すいていされている。鳥インフルエンザの変異(へんいした新型(しんがたインフルエンザ(おもにH5(がた,H7(がた)より重症化(じゅうしょうかはしないとされているが,今後さらに変異(へんいをおこして病原性(びょうげんせいの強いものになる可能性(かのうせいが心配されている。◇1918〜19年に世界中で流行(りゅうこうし,死者(ししゃ2000〜5000万人を数えたスペインかぜはH1N1(がたインフルエンザであるが,鳥インフルエンザに由来(ゆらいするものらしい。⇒インフルエンザ ⇒鳥インフルエンザ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP