メニュー閉じる

*へいあんじだい【平安時代】

桓武天皇(かんむてんのうが都を平安京にうつした794年から源頼朝(みなもとのよりとも鎌倉幕府(かまくらばくふを開いた1192年までの(やく400年間をいう。平安京遷都(せんと後,律令制度(りつりょうせいどのたてなおしが行われたが成功(せいこうせず,9世紀(せいき後半には藤原氏(ふじわらしによる摂関政治(せっかんせいじが始まった。摂関政治(せっかんせいじ藤原道長(ふじわらのみちなが頼通(よりみちのときに全盛(ぜんせい期をむかえたが,11世紀(せいき後半になると白河天皇(しらかわてんのう譲位(じょうい後に上皇(じょうこうとして院政(いんせいを開始した。一方,地方の荘園(しょうえんからおこった武士(ぶしがしだいに勢力(せいりょくを強め,保元(ほうげん(らん平治(へいじ(らんをへて平氏(へいし政権(せいけんをにぎった。また文化では,初期(しょきには(とう影響(えいきょうがつづき,漢文学が発達(はったつし,仏教(ぶっきょうでは天台宗(てんだいしゅう真言宗(しんごんしゅうがつたえられた。

コーチ

 10世紀(せいきに入るころから遣唐使(けんとうし廃止(はいしもあって,わが国独自(どくじ国風(こくふう文化が生まれ,貴族(きぞく文化がさかえた。仮名(かな文字も発明されて,紫式部(むらさきしきぶ清少納言(せいしょうなごんらの女性文学者が活躍(かつやくし,浄土(じょうど美術(びじゅつ発達(はったつした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP