メニュー閉じる

へいけのうきょう【平家納経】

平清盛(たいらのきよもりが1164年に子重盛(しげもり,弟頼盛(よりもりなど平家(へいけ一門の人たちとともに,平氏(へいし繁栄(はんえいをいのって安芸(あき国(広島(ひろしま県)の厳島(いつくしま神社に奉納(ほうのうした写経(しゃきょう33(かん。32(かん経文(きょうもん清盛(きよもり願文(がんもん1(かんとからなり,各巻(かくかんとも模様(もようその他に技巧(ぎこうをこらし,装飾経(そうしょくきょう代表的優品(だいひょうてきゆうひんとして知られる。国宝(こくほう

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP