メニュー閉じる

マイコプラズマ

真生細菌(しんせいさいきんの1(しゅ。マイコプラズマ肺炎(はいえんをひきおこす病原(きんとして知られる。一般的(いっぱんてき真生細菌(しんせいさいきん(ことなり細胞壁(さいぼうへきをもたず,細胞(さいぼうの形を(えられるという性質(せいしつをもつため,減菌(げんきんフィルターを容易(ようい通過(つうかし,侵入(しんにゅう見逃(みのがされやすいということが特徴(とくちょう。ヒトに感染(かんせんするとマイコプラズマ肺炎(はいえんをひきおこす場合がある。ふつうの肺炎球菌(はいえんきゅうきんによる肺炎(はいえんにくらべ症状(しょうじょうは軽いが,大人では長いあいだ風邪(かぜ症状(しょうじょう,せきが(つづくと思いながら放置(ほうちするうちに重症(じゅうしょう化する(れいがある。◇2011(平成(へいせい23)年は過去(かこ10年間で最大(さいだい感染(かんせん者数が確認(かくにんされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP