メニュー閉じる

まいぞうきん【埋蔵金】

(1)地面(じめんなどにうめられて(かくされたお(かねのことで,武田信玄(たけだしんげん徳川家康(とくがわいえやすがひそかに(のこした埋蔵金(まいぞうきん伝説(でんせつ(られている。(2)(くに特別会計(とくべつかいけい剰余金(じょうよきん積立金(つみたてきんを(1)にたとえたもの。2007(平成(へいせい19)年11月,民主党(みんしゅとう特別会計(とくべつかいけい見直(みなお(あん(たいして与党(よとう自由民主党(じゆうみんしゅとう与謝野馨(よさのかおるが「霞ヶ関(かすみがせき埋蔵金(まいぞうきん伝説(でんせつのたぐい」と批判(ひはんしたことにはじまる。財政(ざいせい融資資金(ゆうししきん社会資本(しゃかいしほん整備事業特別会計(せいびじぎょうとくべつかいけい厚生保険(こうせいほけん国民年金(こくみんねんきん特別会計(とくべつかいけい剰余金(じょうよきん積立金(つみたてきんなど,各省庁(かくしょうちょう管理(かんり(まかされている会計(かいけいが15(ちょう数十兆円(すうじっちょうえんはある。→特別会計(とくべつかいけい

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP