メニュー閉じる

マーク=トウェーン

(1835〜1910)アメリカ合衆国(がっしゅうこく小説(しょうせつ家。ミズーリ州に生まれ,ミシシッピ川の水先案内(あんない人や新聞記者などをつとめたのち,ユーモア作家として世に出た。『トム=ソーヤーの冒険(ぼうけん』『ハックルベリー=フィンの冒険(ぼうけん』など,ミシシッピ川を背景(はいけいにした悪童物語を発表。独特(どくとくのユーモアのなかにするどい社会風刺(ふうしをもりこみ,方言や俗語(ぞくごを自由に使いこなしてアメリカの国民(こくみん文学の成立(せいりつ寄与(きよした。ほかに『王子と乞食(こじき』『アーサー王宮廷(きゅうていのコネチカットヤンキー』,自伝的(じでんてき小説『ミシシッピ川の生活』などが有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP