メニュー閉じる

マーシャルしょとう【マーシャル諸島(共和国)】

西太平洋のマーシャル諸島(しょとうをしめる国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都マジュロ。30あまりの島に人が住み,マジュロ島とエバイ島に人口が集中。住民(じゅうみんはカナカ族が主。主産物(さんぶつはコプラ。17世紀(せいきよりスペイン(りょう・ドイツ(りょう・日本委任統治領(いにんとうちりょうをへて,1947年アメリカ合衆国(がっしゅうこく信託統治領(しんたくとうちりょうとなった。1986年に事実上独立(どくりつ。1990年信託統治(しんたくとうち終了(しゅうりょう面積(めんせき:181km2,人口:5万。

〔国名の由来〕

 19世紀末(せいきまつにこの地域(ちいき探検(たんけんしたイギリスのマーシャル船長の名にちなむ。

国旗(こっきの由来〕

 左上の星の白い光のすじは国内の24の自治(じち体を,4本の長い光はキリスト教の十字架(じゅうじかを,オレンジ色は勇気(ゆうき,白は平和を表す。

コーチ

 ビキニ島とエニウェトク島は1946〜58年に核実験(かくじっけん場となり,ビキニ島は現在(げんざい放射能(ほうしゃのう汚染(おせんされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP