メニュー閉じる

マーラー(グスタフ=)

(1860〜1911)オーストリアの作曲家・指揮(しき者。おさないころから音楽の才能(さいのうをあらわし,ウィーン音楽院で学んだ。1880年から指揮(しき活動を始め,ウィーン宮廷劇場(きゅうていげきじょう・ブダペスト王立歌劇(かげき場などで指揮(しき者をつとめ,アメリカのメトロポリタン歌劇(かげき場の指揮(しき者としてもまねかれた。作曲家としては後期ロマン(最後(さいご巨匠(きょしょうとされている。作品には交響(こうきょう曲『大地の歌』,歌曲『さすらう若人(わこうどの歌』『(き子をしのぶ歌』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP