メニュー閉じる

マラウイ(共和国)

アフリカ南東部にある内陸(ないりく国。政体(せいたい共和政(きょうわせいで,元首は大統領(だいとうりょう。首都リロングウェ。南北に細長く,全体に山がちであるが,南部に低地(ていちがある。東部のマラウイ(ニアサ)湖は国土面積(めんせき(やく4分の1をしめる。主産業(さんぎょうは農業で,輸出(ゆしゅつ用の茶・タバコ・ラッカセイはヨーロッパ人によって生産(せいさんされ,大部分の農民(のうみんは自家消費(しょうひ用のトウモロコシ・米などを生産(せいさん。1891年イギリス保護領(ほごりょうニアサランドとなり,1964年独立(どくりつ面積(めんせき:11.8万km2,人口:1490万。

〔国名の由来〕

 チェワ語で「(ほのお」の意味。14〜18世紀にさかえたマラヴィ王国の名にちなむ。

国旗(こっきの由来〕

 黒は国民(こくみん,赤は自由と独立(どくりつに流した血,緑は常緑(じょうりょく自然(しぜんを表している。日の出は全アフリカの希望(きぼうと自由のあけぼのを意味する。

コーチ

 17世紀(せいきにマラヴィ王国がさかえたのち,アラブ人やポルトガル人が奴隷狩(どれいがりを行った。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP