メニュー閉じる

まるきぶね【丸木舟】

木をくりぬいてつくる(ふねのこと。新石器(しんせっき時代に石斧(いしおのを使うことによって木工技術(ぎじゅつが進歩し,火を使うことでくりぬき作業が容易(よういになり,(ふね製造(せいぞう発達(はったつした。この(ふねは世界の広い地域(ちいき分布(ぶんぷし,(りょう運搬(うんぱんのほかに生活空間としても利用(りようされた。縄文(じょうもん人もこの(ふねを使って東南アジアや南洋の島々まで行ったという。アメリカ先住民やイヌイットなどが使った丸木(ぶねは,改良(かいりょうされて今日のカヌーになっている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP