メニュー閉じる

マンガンでんち【マンガン電池】

電極(でんきょくのまわりに生ずる水素(すいそをとりのぞくための減極剤(げんきょくざいとして,二酸化(にさんかマンガンを使っている乾電池(かんでんち正極(せいきょく炭素(たんそ(ぼう負極(ふきょく亜鉛(あえん電解液(でんかいえき塩化(えんかアンモニウム溶液(ようえきを用いる。反応過程(はんのうかてい正極付近(せいきょくふきん水素(すいそが発生し反応(はんのうがにぶるので,これを二酸化(にさんかマンガンで酸化(さんかして水にする。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP