メニュー閉じる

マンズー(ジャコモ=)

(1908〜1991)イタリアの彫刻(ちょうこく家。イタリアのベルガモに生まれた。最初(さいしょ木彫職人(きぼりしょくにんの下ではたらいていたが,夜間の装飾美術(そうしょくびじゅつ学校に通って,彫刻(ちょうこく開眼(かいがんし,キリスト教的(きょうてきなモチーフをもとに数々の作品を制作(せいさくした。第二次世界大戦(たいせん中,反ファシズムから発したレジスタンス運動に参加(さんかし,数々の迫害(はくがいを受け,大戦(たいせん後はキリスト教的(きょうてきなモチーフにとどまらず,戦争(せんそうやファシズムに対する強い抗議性(こうぎせいのある作品を制作(せいさくするようになった。ローマのサン=ピエトロ大聖堂(せいどう門扉(もんぴのレリーフ「死の(とびら」,ザルツブルグ大聖堂(せいどうの「(あい(とびら」,ロッテルダムの(せいローレンス教会の「平和と戦争(せんそう(とびら」の(とびらシリーズが有名。

コーチ

 箱根彫刻(はこねちょうこくの森美術(びじゅつ館にはマンズー=ルームがあり,「死の(とびら」のための習作12点,「インゲの胸像(きょうぞう」が展示(てんじされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP