メニュー閉じる

まんどころ【政所】

鎌倉幕府(かまくらばくふ室町幕府(むろまちばくふの役所の1つ。源頼朝(みなもとのよりともが1191年に政務一般(せいむいっぱんをあつかう役所として設置(せっち,それまであった公文所(くもんじょ(1184年設置(せっち)をその一部局とした。長官(ちょうかん別当(べっとうといい大江広元(おおえのひろもと(にんじられたが,このあと北条氏(ほうじょうしが代々受けついだ。室町幕府(むろまちばくふではおもに財政(ざいせいにあたった。◇もとは,平安時代に親王(しんのう家や摂関(せっかん家などにおかれた家政(かせいをあつかう機関(きかんであった。

コーチ

 摂関(せっかん家では北の(かた正妻(せいさい)のもとに政所(まんどころ職員(しょくいんをおいて内政(ないせいにあたらせたので,転じて摂政(せっしょう関白(かんぱく家の正妻(せいさい北政所(きたのまんどころというようになった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP