メニュー閉じる

まんようがな【万葉仮名】

漢字の(おんまたは(くんをかりて,和語を書き表す表記(ほう。漢字の意味には関係(かんけいがない。平安時代に仮名(かな発達(はったつする以前(いぜんに用いられ,『万葉集(まんようしゅう』を中心とする奈良(なら時代の文献(ぶんけんに見られる。真仮名(まがなともいう。

用例

 「山」を「也麻(やま」,「なつかし」を「奈都可思(なつかし」などと表す。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP