メニュー閉じる

まんようしゅう【万葉集】

奈良(なら時代につくられたわが国最古(さいこの歌集。全20(かん(やく4500首の和歌がおさめられ,ほぼ相聞(そうもん挽歌(ばんか雑歌(ぞうかの3部類(ぶるい分類(ぶんるいされている。歌の形式には長歌・短歌・旋頭(せどう歌などがあり,作者は天皇(てんのう貴族(きぞくから,東歌(あずまうた防人(さきもりの歌をよんだ農民(のうみんまで,あらゆる身分の人々におよぶ。撰者(せんじゃ大伴家持(おおとものやかもちといわれるが不明(ふめい。力強く写実的(しゃじつてきな歌が多く,素朴(そぼく健康(けんこうな古代の歌風が特色(とくしょく

コーチ

 代表的(だいひょうてき歌人に額田王(ぬかたのおおきみ持統天皇(じとうてんのう柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ山部赤人(やまべのあかひと山上憶良(やまのうえのおくら大伴旅人(おおとものたびと大伴家持(おおとものやかもちらがいる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP