メニュー閉じる

**み【実】

開花・受粉(じゅふん後,子房(しぼう花床(かしょう・がくなどが発達(はったつして大きくなり,中に種子(しゅしをもっているもの。植物学上では果実(かじつという。ミカンやカキなどのように,子房(しぼうだけが発達(はったつしたものを真果(しんかといい,リンゴ・ザクロなどのように,花床(かしょうやがくなどもいっしょに発達(はったつしたものを偽果(ぎかという。真果(しんか偽果(ぎかも,(じゅくしたとき水分の多いものを液果(えきかといい,(じゅくすとかわくものを乾果(かんかという。ふつうは,1(の花から1(果実(かじつができ,これを単果(たんかという。これに対して,アケビなど1(の花の複数(ふくすうのめしべの子房(しぼうがそれぞれ(べつ果実(かじつになる分離果(ぶんりか,オランダイチゴなどのように1(の花の多数の子房(しぼうなどがくっついて1(果実(かじつのようになる集果(しゅうか,パイナップルなど多数の花の子房(しぼうなどがくっついて1(果実(かじつのようになる多花(,これらを合わせて複果(ふくかという。

コーチ

 1(果実(かじつの中の種子(しゅし数は,植物の種類(しゅるいによって,さまざまである。→果実(かじつ

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP