メニュー閉じる

ミイラ

人間や動物の(かわいた死体で,原形に近いすがたを保存(ほぞんしているもの。(たましい不滅(ふめつや,生命がよみがえるとの考えからつくった。古代エジプトの場合,内臓(ないぞう(きとり食塩(しょくえんなどの溶液(ようえきにつけたあと,乾燥(かんそうさせて防腐剤(ぼうふざいをつめ(ぬのでまき,その上に生前のすがたをえがいた。インカ帝国(ていこくでもほぼ同じようにつくられた。乾燥(かんそうした土地では,死体が自然(しぜんにミイラ化してのこることがある。

コーチ

 日本では平泉(ひらいずみ岩手(いわて県)の中尊寺(ちゅうそんじにある奥州藤原氏(おうしゅうふじわらしのミイラや,江戸(えど時代に(そう座禅(ざぜんを組みながら断食(だんじき死した「即身仏(そくしんぶつ」がある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP