メニュー閉じる

みうらてつお【三浦哲郎】

(1931〜2010)昭和(しょうわ平成時代(へいせいじだい小説家(しょうせつか青森県(あおもりけん(まれる。(あね自殺(じさつ長兄(ちょうけい失踪(しっそうなど複雑(ふくざつ家庭環境(かていかんきょうのなかで(そだつ。東京(とうきょう(早稲田大学(わせだだいがく入学(にゅうがくするが,次兄(じけい失踪(しっそうにより帰郷(ききょう故郷(こきょう中学教師(ちゅうがくきょうしになる。1953(昭和(しょうわ28)(ねん(ふたた上京(じょうきょうし,早稲田大学(わせだだいがく再入学(さいにゅうがく同人雑誌(どうじんざっし小説(しょうせつ(きはじめる。卒業後(そつぎょうご雑誌(ざっし編集(へんしゅう仕事(しごとをしながら小説(しょうせつ発表(はっぴょうし,61(ねん,『(しの(かわ』で芥川賞(あくたがわしょう受賞(じゅしょう自分(じぶん家族(かぞく(くら血筋(ちすじ(えが私小説(ししょうせつ(一方(いっぽうで,師事(しじした井伏鱒二(いぶせますじにも(つうじる,繊細(せんさい叙情的(じょじょうてき文体(ぶんたいをもつ作家(さっかとして(たか評価(ひょうか(ける。代表作(だいひょうさくに『少年讃歌(しょうねんさんか』『白夜(びゃくや(たびする人々(ひとびと』『拳銃(けんじゅう十五(じゅうご短篇(たんぺん』など,(げきでも(られる児童文学(じどうぶんがく『ユタとふしぎな仲間(なかまたち』もある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP