メニュー閉じる

みかくが【味覚芽】

(した味覚乳頭(みかくにゅうとうに多数ある味覚器官(みかくきかん。花のつぼみ(蕾)のような構造(こうぞうで,味蕾(みらいともいう。長さ70〜80μm(マイクロメートル。1マイクロメートルは1000分の1mm)ほどの紡錘(ぼうすい形の器官(きかんで,その中に多数の味細胞(みさいぼう支持細胞(しじさいぼうがある。味覚(みかくを感じさせる物質(ぶっしつは水にとけて味細胞(みさいぼう(たっし,その刺激(しげきを受けた味細胞(みさいぼうは,神経(しんけいを通じて大脳(だいのう味覚中枢(みかくちゅうすう興奮(こうふんをつたえる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP