メニュー閉じる

*ミカヅキモ

淡水産(たんすいさん微小(びしょう単細胞性(たんさいぼうせい緑藻(りょくそう。体は両端(りょうたんが細い円筒状(えんとうじょうで,三日月形に湾曲(わんきょくするものが多い。池・(みぞ・水田や雨のふったあとの水たまりに生育する。長さ:300〜500μm(マイクロメートル)。(緑藻(りょくそう植物 ホシミドロ目 ミカヅキモ(

コーチ

 水草の(くき・葉・根やほかの淡水(たんすい藻類(そうるいなどを採集(さいしゅうし,水であらい,その水の1(てきをスライドガラスにとって顕微鏡(けんびきょうで見ると,ミカヅキモなどの単細胞(たんさいぼう接合藻類(せつごうそうるいがよく見られる。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP