メニュー閉じる

みきたけお【三木武夫】

(1907〜1988)昭和時代の政治(せいじ家,第66代内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん徳島(とくしま県生まれ。アメリカ留学(りゅうがくを経て明治(めいじ大学を卒業(そつぎょう。1937(昭和12)年の衆議院議員初当選以来(しゅうぎいんぎいんはつとうせんいらい一貫(いっかんして政治(せいじの世界を歩む。第二次世界大戦(たいせん後の1947年,国民協同党(こくみんきょうどうとう書記長,以後(いご国民民主党(こくみんみんしゅとう改進党(かいしんとうなど中道左派政党(さはせいとう(ひきいて活躍(かつやくし,つねに火種(ひだねとなる「バルカン政治(せいじ家」ともいわれた。片山哲(かたやまてつ内閣(ないかく逓信大臣(ていしんだいじん鳩山一郎(はとやまいちろう内閣(ないかく運輸大臣(うんゆだいじん(つとめる。56年,保守(ほしゅ合同した自由民主党(じゆうみんしゅとう幹事長(かんじちょう就任(しゅうにん岸信介(きしのぶすけから田中角栄(たなかかくえいまでの歴代内閣(れきだいないかく通産(つうさん外務(がいむなどの大臣(だいじん歴任(れきにん。1974(昭和49)年,田中角栄内閣(たなかかくえいないかくがロッキード金脈(きんみゃく問題で退陣(たいじんし,後継(こうけい福田赳夫(ふくだたけお大平正芳(おおひらまさよし一騎討(いっきうちと思われたが,党内分裂(とうないぶんれつ回避(かいひするために副総裁椎名悦三郎(ふくそうさいしいなえつさぶろう裁定(さいていによって急きょ指名され,総理大臣(そうりだいじん就任(しゅうにん。つなぎの暫定政権(ざんていせいけんと思われた三木政権(みきせいけんであったが世論(せろん背景(はいけい徹底的(てっていてき田中金脈(たなかきんみゃく問題を追及(ついきゅう,76年,ついに田中角栄逮捕(たなかかくえいたいほにまでこぎつけた。しかし自民党内各派(じみんとうないかくはから強力な「三木(みきおろし」の圧力(あつりょくを受け,同年12月,退陣(たいじんに追いこまれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP