メニュー閉じる

*みきもとこうきち【御木本幸吉】

(1858〜1954)明治(めいじ時代〜昭和時代の事業家。真珠養殖(しんじゅようしょく開拓(かいたく者。三重(みえ県の生まれ。真珠(しんじゅ輸出(ゆしゅつ将来有望(しょうらいゆうぼうであることを知り,英虞湾(あごわん真珠(しんじゅ養殖(ようしょくを始め,何度かの失敗(しっぱい苦労(くろうのすえに1893(明治(めいじ26)年に半円真珠(しんじゅ,1905年には真円真珠(しんじゅの人工養殖(ようしょく成功(せいこうした。その後,御木本(みきもとパールの名は世界的(せかいてきに有名になり,海外にも輸出(ゆしゅつされるようになった。

コーチ

 1926年のフィラデルフィア万国博覧(はくらん会に真珠(しんじゅでかざった五重塔(ごじゅうのとうを出品して評判(ひょうばんとなり,「真珠(しんじゅ王」の名を受けた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP