メニュー閉じる

みきろふう【三木露風】

(1889〜1964)明治末(めいじまつから大正時代の詩人。16(さいのときに最初(さいしょの詩集『夏姫(なつひめ』を自費出版(じひしゅっぱん。後に象徴(しょうちょう詩をかき,北原白秋(きたはらはくしゅうとともに大正時代の代表的(だいひょうてきな詩人となった。童謡(どうようも多く書き,童謡(どうよう集『お日さま』『小鳥の友』などがある。とくに有名な「赤とんぼ」は,日本中の子どもたちに歌われた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP