メニュー閉じる

*ミケランジェロ

(1475〜1564)イタリアの彫刻(ちょうこく家・画家・建築(けんちく家。フィレンツェ都市政府(せいふ行政官(ぎょうせいかんの子。才能(さいのうをみとめられて富豪(ふごうのメディチ家に引きとられ,15世紀(せいきにおけるフィレンツェのあらゆる学問を体得(たいとくする機会(きかい(た。彫刻(ちょうこくでは「聖母子像(せいぼしぞう」「聖家族(せいかぞく」「ピエタ」「ダビデ」「モーセ」などが知られる。絵画作品はシスティナ礼拝堂(れいはいどう天井(てんじょう壁画(へきがで代表され,壁画(へきがには「最後(さいご審判(しんぱん」をかいた。建築(けんちく家としてはサン=ピエトロ大聖堂(せいどう設計(せっけいがとくに有名。

コーチ

 雄大(ゆうだい構図(こうず,力強い描線(びょうせん,たくましい人体表現(ひょうげんなどでルネサンス美術(びじゅつ頂点(ちょうてんに立つとともに,のちのバロック芸術(げいじゅつへの道をもさし(しめした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP