メニュー閉じる

ミズクラゲ

日本近海に(もっともふつうに見られるクラゲ。冬から夏にかけて出現(しゅつげんする。生活(はよく知られており,特徴(とくちょうのある4つの生殖腺(せいしょくせんをもつため,別名(べつめいヨツメクラゲともよばれる。サハリン(樺太(からふと)・北海道には本種(ほんしゅに近いキタミズクラゲがいる。大きさ:かさの直径(ちょっけいはふつう10〜15cm。ときには30cmにもなる。分布(ぶんぷ北海道忍路(ほっかいどうおしょろ・本州以南各地(いなんかくち奄美大島(あまみおおしま沖縄(おきなわ台湾(たいわん。(刺胞(しほう動物 (はちクラゲ(るい ミズクラゲ目 ミズクラゲ科)

コーチ

 海岸の火力発電所の海水取り入れ口にたくさんすいよせられ,(がいをあたえることがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP