メニュー閉じる

*みずはらしゅうおうし【水原秋桜子】

(1892〜1981)大正・昭和時代の俳人(はいじん東京(とうきょうに生まれる。東京帝国(とうきょうていこく大学(今の東京(とうきょう大学)医学部を卒業(そつぎょう高浜虚子(たかはまきょし弟子(でしとなったが,写生を主としたホトトギス((にあきたらず,俳句雑誌(はいくざっし馬酔木(あしび』を創刊(そうかん,その中心となって活躍(かつやくした。ゆたかな感情(かんじょうを明るく近代的(きんだいてき感覚(かんかく表現(ひょうげんした。句集(くしゅうに『葛飾(かつしか』『霜林(そうりん』がある。◇「高嶺星蚕飼(たかねぼしこがいの村は((まり」

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP