メニュー閉じる

みぞぐちけんじ【溝口健二】

(1898〜1956)大正(たいしょうから昭和時代(しょうわじだいにかけての映画監督(えいがかんとく東京(とうきょう(まれる。日活撮影所(にっかつさつえいしょ入社(にゅうしゃし,1923(大正(たいしょう12)(ねんの『(あい(よみがえ(』で映画監督(えいがかんとくとしてデビュー。(しいたげられた女性(じょせい姿(すがた徹底(てっていしたリアリズムで(えがくことを得意(とくいとし,『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな』,『雨月物語(うげつものがたり』,『山椒大夫(さんしょうだゆう』の3作品(さくひんはベネチア国際映画祭(こくさいえいがさいで3年連続受賞(ねんれんぞくじゅしょうした。1つのシーンを1つのカットのみで表現(ひょうげんする長回(ながまわしの技法(ぎほうは,フランスのヌーベルバーグの作家(さっか(おおきな影響(えいきょう(あたえた。黒澤明(くろさわあきら小津安二郎(おづやすじろうとならぶ世界的(せかいてき巨匠(きょしょうとして名高(なだかい。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP