メニュー閉じる

みついざいばつ【三井財閥】

明治(めいじ時代末期(まっきから三井(みつい家の一族によってつくられたコンツェルン。江戸(えど時代の豪商三井(ごうしょうみつい家が,明治維新(めいじいしんのさい政府(せいふ協力(きょうりょくして地位(ちいをきずき,1876(明治(めいじ9)年に三井(みつい銀行・三井物産(みついぶっさん設立(せつりつして土台をかためた。1909(明治(めいじ42)年には持株(もちかぶ会社として三井(みつい合名会社を設立(せつりつ財閥(ざいばつ発展(はってんし,1946(昭和21)年の財閥解体(ざいばつかいたい時には151社を支配(しはいしていた。のち三井(みついグループとして再生(さいせい

コーチ

 三井財閥(みついざいばつ支配(しはいする会社の総資本金額(そうしほんきんがくは,財閥解体(ざいばつかいたい時には全会社の資本金額(しほんきんがくの9.4%に(たっしていた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP