メニュー閉じる

ミツカドコオロギ

(おすの顔は,上の方の両端(りょうたんがつき出ているのが特徴(とくちょうのコオロギ。成虫(せいちゅうは夏の終わりから秋にかけてあらわれる。畑や草原でふつうに見られる。「リッリッ」とするどく鳴く。体長(たいちょう:18〜20mm((おす),(やく16mm((めす)。(られる時期(じき:8(がつ〜。分布(ぶんぷ本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい バッタ(もく コオロギ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP