メニュー閉じる

みとがく【水戸学】

江戸(えど時代の水戸藩(みとはん茨城(いばらき県)の学風。徳川光圀(とくがわみつくにが1657年から始めた『大日本史(だいにほんし』の(へんさん事業を通して尊王論(そんのうろんがはぐくまれた。時代は下って,1829年に藩主(はんしゅとなった徳川斉昭(とくがわなりあきは,藩校(はんこう弘道館(こうどうかん設立(せつりつするなど学問を奨励(しょうれいし,尊王論(そんのうろん攘夷論(じょういろんをくわえて,尊王攘夷(そんのうじょうい運動の発展(はってんに大きな影響(えいきょうをあたえた。

コーチ

 水戸学(みとがく影響(えいきょうは,これを信奉(しんぽうした吉田松陰(よしだしょういんらを通じて明治政府(めいじせいふ指導(しどう者に受けつがれた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP