メニュー閉じる

ミドリヒョウモン

(もっともふつうに見られる大型(おおがたのヒョウモンチョウ。年1回,5(がつごろからあらわれ,ヒヨドリバナやシシウドなどの花におとずれる。真夏にはすがたが見られなくなり,秋になってふたたび活動を開始する。羽化直後に交尾(こうびするものと,秋になって交尾(こうびするものがある。(たまご樹皮(じゅひや木の根や,((えだ,岩などにうみつけ,食草に直接(ちょくせつうむことは少ない。開張(かいちょう:65〜80mm。(られる時期(じき:5〜10(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく タテハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP