メニュー閉じる

みなみうおぬま【南魚沼(新潟県の都市)】

新潟(にいがた県中央部南端(なんたんの市。信濃(しなの川支流の魚野(うおの川中流域(りゅういきにある。宿場町(しゅくばまち門前町(もんぜんまちとしてさかえたが,現在(げんざいは,浦佐国際(うらさこくさいスキー場・六日町八海山(むいかまちはっかいさんスキー場などのスキー施設(しせつ六日町温泉郷(むいかまちおんせんきょうなどのある観光(かんこう地として発展(はってん魚野(うおの沿岸(えんがんの平地では米(コシヒカリ)づくりや酒造(しゅぞうが行われる。塩沢(しおざわ町は,1000年以上(いじょう歴史(れきしをもつ織物(おりもの越後上布(えちごじょうふ技法(ぎほうを受けつぐ「塩沢紬(しおざわつむぎ」が特産(とくさん。◇2004(平成(へいせい16)年11月1日,六日(むいか町・大和(やまと町が合併(がっぺいして誕生(たんじょう。2005(平成(へいせい17)年10月1日,塩沢(しおざわ町が編入(へんにゅう。人口:6.1万。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP