メニュー閉じる

みなもとのよしとも【源義朝】

(1123〜1160)平安時代末期(まっき武将(ぶしょう為義(ためよしの長男で,頼朝(よりとも義経(よしつねらの父にあたる。保元(ほうげん(らんでは後白河天皇(ごしらかわてんのう方に味方して父や弟たちとたたかい,手がらを立てた。しかし,その後は平清盛(たいらのきよもり(いきおいにおされてふるわず,平治(へいじ(らんをおこして清盛(きよもりをたおそうとしたがやぶれ,東国へにげる途中(とちゅう尾張(おわり国(愛知(あいち県)でころされた。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP