メニュー閉じる

*みなもとのよしなか【源義仲】

(1154〜1184)平安時代末期(まっき武将(ぶしょう木曽義仲(きそよしなかともいう。おさないときに父をころされ,信濃(しなの国(長野(ながの県)の木曽(きそ成長(せいちょう。1180年に平氏(へいし討伐(とうばつ(へいをあげ,倶利伽羅峠(くりからとうげ(たたかい(1183年)では平維盛(たいらのこれもり大軍(たいぐんをやぶって京都(きょうとに入った。しかし,乱暴(らんぼうなふるまいが多く,いとこの頼朝(よりともとの(なかが悪くなり,頼朝(よりとものさし向けた源範頼(みなもとののりより義経(よしつね(ぐん(められ,近江(おうみ国(滋賀(しが県)で戦死(せんしした。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP