メニュー閉じる

*みぶんせいど【身分制度】

支配(しはい階級がその社会を維持(いじするために,社会の成員(せいいんを生まれつき(ぞくすべき身分に分けて支配(しはいした制度(せいど。古代社会から見られた制度(せいどであるが,とくにいちじるしいのは封建(ほうけん社会においてである。日本では,江戸(えど時代の武士(ぶし百姓(ひゃくしょう(農業や漁業(ぎょぎょう,林業にたずさわる人々)・町人(商人や職人(しょくにん),およびえた・ひにんなどのきびしく差別(さべつされた人々をおいた制度(せいど典型(てんけいとされ,四民(しみん平等となってからも,そのなごりは長くのこっていた。現在(げんざいでも差別(さべつはなくなっておらず,差別解消(さべつかいしょうのさまざまな努力(どりょくがつづけられている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP