メニュー閉じる

ミヤマカラスアゲハ

ふつう4〜6(がつに見られる春型(はるがた,7〜9(がつ夏型(なつがたの年2回発生するチョウ。春型(はるがた夏型(なつがたにくらべてとても小さい。和名に「深山(みやま」とあるが,かならずしも山地(せいとはかぎらず,食樹(しょくじゅさえあれば,平地や海岸ぞいにも見られる。湿地(しっち吸水(きゅうすいし,ときに(おすは大きな集団(しゅうだんをつくることもある。ツツジやタンポポ・ユリなどの花にもよくおとずれ,(みつをすう。キハダやハマセンダンなど,食樹(しょくじゅ葉裏(はうらに1(ずつ産卵(さんらんする。開張(かいちょう:80〜130mm。(られる時期(じき:4〜9(がつ分布(ぶんぷ北海道(ほっかいどう本州(ほんしゅう四国(しこく九州(きゅうしゅう。(昆虫類(こんちゅうるい チョウ(もく アゲハチョウ(

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP