メニュー閉じる

みやもとゆりこ【宮本百合子】

(1899〜1951)大正・昭和時代の小説(しょうせつ家。東京(とうきょうに生まれる。1916(大正5)年に17(さい処女(しょじょ作『(まずしき人々の(むれ』を発表して注目された。1927(昭和2)年,『伸子(のぶこ』を書いたあとソ(れんに旅行し,帰国後日本共産党(きょうさんとう入党(にゅうとう宮本顕治(みやもとけんじ結婚(けっこんしてプロレタリア文化運動につくした。第二次世界大戦(たいせん中は,たびかさなる思想の弾圧(だんあつ投獄(とうごくされたが,思想をかえずに作家としての良心(りょうしんをつらぬいた。戦後(せんご民主主義(みんしゅしゅぎ文学の代表的(だいひょうてき作家として活躍(かつやくした。作品はほかに『播州(ばんしゅう平野』『二つの庭』など。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP