メニュー閉じる

みょうしゅ【名主】

名田(みょうでんの所有者。平安時代の中ごろ,荘園(しょうえん公領(こうりょう国司(こくしがおさめる土地)には名田(みょうでんとよばれる一種(いっしゅ私有(しゆう地ができたが,この名田(みょうでんの所有者を名主(みょうしゅとよんだ。やがて,有力な名主(みょうしゅの中には一族や配下の農民(のうみん武装(ぶそうさせて,武士(ぶしとなる者もあった。

コーチ

 室町(むろまち時代になると名主(みょうしゅたちは地域(ちいきごとに団結(だんけつして,「(そう」という自治(じちのしくみをつくった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP