メニュー閉じる

みょうでん【名田】

荘園(しょうえん公領(こうりょう国司(こくしがおさめる土地)にできた一種(いっしゅ私有(しゆう地。土地を所有している農民(のうみんの名まえをつけた田地のことで,平安時代に荘園(しょうえん増加(ぞうかするにつれ,土地の所有(けんを明らかにする必要(ひつようから発生した。

コーチ

 名田(みょうでんの所有者が名主(みょうしゅである。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP