メニュー閉じる

*ミレー(ジャン=)

(1814〜1875)フランスの画家。ノルマンディーの農家に生まれ,パリに出て絵を学んだ。のちパリ郊外(こうがいのバルビゾンにうつり,死ぬまでそこに住んで農民(のうみんの生活や田園の風景(ふうけいをえがいた。「(たねまく人」「落穂拾(おちぼひろい」「晩鐘(ばんしょう」などが有名。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP