メニュー閉じる

ムギツク

川の中・下流(いきにすみ,流れのゆるやかな場所をこのむ魚。黒い1本の(おびが,口から目を通って(びれの(け根までつづいているのが特徴(とくちょう。1(ついの短い口ひげがある。石下にひそむトビケラやユスリカの幼虫(ようちゅうなどの水生昆虫(こんちゅうを,つつきながら食べる。5〜6月に,ドンコやオヤニラミの産卵巣(さんらんそうにたく(らん別種(べっしゅ((たまごをうみつける)することが知られている。全長10〜15cm。分布(ぶんぷ:本州(福井(ふくい県・滋賀(しが県・三重(みえ以西(いせい)・四国(香川(かがわ県・徳島(とくしま県)・九州(きゅうしゅう鹿児島(かごしま県をのぞく)(硬骨魚類(こうこつぎょるい コイ目 コイ科)

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP