メニュー閉じる

*むくはとじゅう【椋鳩十】

(1905〜1987)昭和時代の児童(じどう文学者。長野(ながの県に生まれる。本名は久保田彦穂(くぼたひこほ。学生のころから詩や小説(しょうせつを書きはじめ,野生動物の生態(せいたいや,動物と人間とのふれあいをえがいた児童(じどう向けの動物小説(しょうせつを数多く発表した。代表作に『山の太郎熊(たろうぐま』『孤島(ことうの野犬』『大空に生きる』『片耳(かたみみ大鹿(おおしか』などがある。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP