メニュー閉じる

*むさしの【武蔵野<作品>】

国木田独歩(くにきだどっぽ短編小説(たんぺんしょうせつ。1898(明治(めいじ31)年発表。明治(めいじ30年ごろの東京郊外(とうきょうこうがい武蔵野(むさしのにみる自然(しぜん素朴(そぼくさと調和のある美しさを,叙情的(じょじょうてきにとらえた作品。明治自然(めいじしぜん文学の代表作とされた。◇『武蔵野(むさしの』のほか,短編小説(たんぺんしょうせつ源をぢ(げんおじ』などをおさめた作品集『武蔵野(むさしの』が1901(明治(めいじ34)年に刊行(かんこうされている。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP