メニュー閉じる

*むしゃのこうじさねあつ【武者小路実篤】

(1885〜1976)明治(めいじ・大正・昭和時代の小説(しょうせつ家。東京(とうきょうに生まれる。学生時代からトルストイの影響(えいきょうを受け,1910(明治(めいじ43)年に志賀直哉(しがなおや有島武郎(ありしまたけおらと文学雑誌(ざっし白樺(しらかば』を創刊(そうかん,人道主義(しゅぎ・理想主義(しゅぎをとなえる白樺派(しらかばはの中心として活躍(かつやくした。また,セザンヌ・ゴッホ・ロダンなど,西洋の美術(びじゅつ家をわが国に紹介(しょうかいした功績(こうせきも大きい。代表作に『お目出たき人』『友情(ゆうじょう』『(る男』『(あいと死』『真理(しんり先生』戯曲(ぎきょく『その妹』などがある。1951(昭和26)年に文化勲章(くんしょうを受章。

コーチ

 自分の理想を実行にうつすため,1918(大正7)年,宮崎(みやざき児湯郡木城(こゆぐんきじょう町に「新しき村」をつくった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP