メニュー閉じる

むせんつうしん【無線通信】

電波を利用(りようして情報(じょうほう伝達(でんたつすること。モールス符号(ふごうなどを使う無線電信(むせんでんしんと,音声を音声電流にかえ,これを電波にのせる無線(むせん電話などがある。放送も一方向の無線通信(むせんつうしんといえる。◇1895年にイタリアのマルコーニが無線通信法(むせんつうしんほうを発明し,実用されるにいたった。

保護者のみなさまへ「自由研究」アンケートご協力のお願い

PAGETOP